デリヘルオプション体験談25

このページでは、デリヘルオプションプレイ体験したデリヘルユーザーの皆さんに投稿していただいた体験談をご紹介しています!デリヘル初心者さんからデリヘルマニアさんまで、オプションプレイ体験した生の感想を赤裸々に語って頂きました♪⇒体験談を投稿する方はこちらへ

デリヘルオプション【体験談】25ページ

待ち合わせに遠隔ローターを試してみるデリヘルオプション体験談120: 40代/ 紙芝居/ デリヘル歴8年

私にはお気に入りのデリ嬢がいて、いつも彼女と楽しんでいる。
今回はローターを入れたまま待ち合わせ場所からホテルへ向かうプレイする事を事前に伝えてあり、ニヤける彼女からリモコンを手渡され直ぐにでも反応を見たくなった。
彼女は感じてくれるだろうか、そんな事を考えながら遠隔用リモコンのスイッチをオンに切り替えて強さを上げてみる。
静音性を極めたタイプで振動音が聞こえないので、感じるかと聞いてみれば、
「もう少しなら強めても大丈夫みたいだけど、あまり強くしないでね。」とのこと。
彼女の顔を見ながら上げていく。
ピクリと反応した彼女に目配せをして、この位置にすると伝えて並んで歩
き始めた。
彼女は人目が気になるみたいで周りを気にしながら歩いている。
いたずらしたい、少しだけ上げてみる事にした。
あっ、と声を上げた途端、彼女は力が抜けてその場にかがみ込み片膝をついてしまいました。
ごめん、あまりに可愛くていたずらしたくなっちゃった。
このプレイは面白い。人混みの中を連れ添って歩いてみたいが、またこの次でいいかと思い直して、彼女の手を取り起き上がらせて、ホテルまで歩いて行きました。
彼女はずっと装着しっぱなしで感じ過ぎて言葉が出ない、ハアハアと息遣いが苦しそうだ。
ベットに横たわらせて抜いてあげるとそこはムレムレで、出て来たローターには蜜がタップリ付いていた。

暗い部屋の中でLEDライトでじっくり身体の観察デリヘルオプション体験談119: 30代/ カンパチ/ デリヘル歴5年

独りで動画サイトを見ていたら、デリヘル嬢を呼びたくなってきてLEDライト装着のバイブをいつものお嬢に持たせるよう頼んでみる事にした。
やって来た彼女に、「オプションなんて珍しいね。しかもLEDライト付きのバイブなんて、これで何するの?」そう、問い詰められてしまった。
説明したらつまらなくなってしまうので、黙ったまま照明を落としていった。
「ちょっと雰囲気を変えてみようかと思って。いつものプレイだけじゃそのうち飽きちゃうかもしれないからね」
彼女はベットの中でブラとショーツだけになって布団を掛けている、照明は全て落とした。
暗闇の中で、LEDライトをもって下の方からもぐりこみ、足を触りながら照らしてみる。
通常より綺麗に見えて不思議な興奮がやって来た。どんどん上の方へと移動してゆく。
ブラを上にずらして胸を露にすると、綺麗な乳輪の上に固くなった乳首が乗っていた。
LEDライトに照らされたオッパイがとても美しく見えて、感動し吸い付いてしまった。
舌先で乳首を転がしながら吸い上げてやると、あんっ、と声がして感じ始めたのが分かった。
ショーツをはぎ取って股を広げ、中心部分を照らして覗き込むと何時もとは違った観え方をした大切な場所があった。二本の指で広げ、照らしてみる。舐めたくなるが抑え込んだ。
これならずっと見ていられそうだ、そう思った。
バイブのスイッチをオンにして当ててみた。
乱れる彼女に、感動しながらいつものプレイへと移行して、互いに頂点まで登って行った。

セクシーランジェリーでエロチシズムの体験をデリヘルオプション体験談118: 40代/ ヒラソウダ/ デリヘル歴10年

よくデリヘルを利用している私はお気に入りのデリヘル嬢がいる。
彼女は人妻さんで、あまり多くは出勤しない所をみると、ご主人の居ない間隙を縫ってだろうと想像している。
スタイルが良くてどの様にして保っているのかと聞いたことがあるが、気を遣うのは食生活くらいであとは普通に生活していると言っていた。
今回は下着にセクシーランジェリーを付けて欲しいと注文し呼び出している。
シャワーを浴びた後バスローブを羽織って出て来た彼女は、恐らく中にセクシーランジェリーを付けて居るはずで、どの様な姿なのか気になっている。
挨拶代わりに軽めのキスで彼女を出迎えてバスローブを広げてみた。
肌が透けて見える素材で柄模様が入っている黒のブラとショーツのみの姿がそこにあった。
彼女はお揃いのガータベルトとストッキングも持ってきていて、どうすればいいのかと聞いて来た。
取り合えずこのままでいいと伝え、バスローブを取って眺めている。ああ素敵だ。
スタイルのいい女性がセクシーランジェリーで登場したら男は皆欲情するのではないだろうか。
暫らく眺めてから、やはりガータベルトとストッキングを着けてもらうことにした。
たったそれだけで普段よりずっと厭らしく思える。ブラを外し、ショーツもずらしてゆく。
ガータベルトとストッキングだけになった彼女をベットに寝かせ、片足を大きく持ち上げてゆき中心部分を眺めてみた。とても我慢できないほどに興奮した。
直ぐに貪り着いて、彼女とのいつものプレイに入って行った。

アイマスクとバイブで若妻を刺激するデリヘルオプション体験談117: 60代/ 寿限無/ デリヘル歴17年

人妻デリヘルは年齢層に幅があり、そこも気に入ってる一つで、今回やって来たのはまだ20代と若い人妻さんだ。初めて呼んだため、彼女の事がまだ分かっておらず手さぐりになる。
オプションプレイをすると伝えてあり、持って来たかと確認をする。ちゃんと揃えてあってバイブの経験もあるそうなので、少しばかり安心をした。
身体にバスタオルを巻いて戻った彼女に、早速アイマスクを付けさせベットに座らせる。
バスタオルをずらすとまだ若い体の中に、綺麗な胸がありそそられる。
「あっ、ソコ感じる、んっ、気持ちいい」と、乳首が感じるらしい。感度がいい。
少しづつ身体を撫でながら下へと降りてゆく。太腿に触れたらピクンと反応した。
両足を開かせて内ももを撫でながら、乳首に吸い付いて舌先で転がす。
襞に触れて撫でながら上下に擦り、指を中に入れて行けばヌメヌメと吸い付かれた。
「あああっ、いい、凄く気持ちいい。イキそう、うっ」
彼女は軽くイってしまった。
成程、アイマスクは感度が上がって気持ちよくなるというのは本当だな。よく分かった。
乳首にバイブを当ててみると、身体を反らせて喘ぎ始めた。かなり感じているのが分かる。
下へともっていきクリに充ててみた。
「あっ、あああっ、駄目、だめ、だめえええっ、イクゥゥゥ!」
彼女の身体は飛び跳ねながら仰け反って、頂点まで辿り着きイってしまった。
ぐったりとしているが、どうやら気持ちよさそうだ。

女子高生ファッションが似合うロリ顔の女性デリヘルオプション体験談116: 50代/ 別世界/ デリヘル歴14年

チェック柄のミニスカートにルーズソックスを履き、女子高生ファッションが似合う子を頼むとお願いをしてやって来たのは、可愛いロリ顔の女性だった。
シャワーを浴びたたあと彼女は制服に着替えて出て着た。
うん、女子高生ファッションが良く似合っている、呼び寄せ椅子に掛けさせた。
ミニスカートの奥、股の間からチラチラショーツが見える。いい眺めだ、そう思った。
彼女の前に立ちズボンとパンツを下ろし、そのルーズソックスを履いた足でムスコをしごいて欲しいと頼んでみた。彼女はニヤけながら扱きだした。
女子高生ファッションの姿を見ながら扱かれれば、眺めの良さと同様に布ごしから足の温度が伝わって来て心地いい。
近付いてゆき、彼女の手で触ってもらいキスをしながら胸を揉んでみた。
着ている物を、一枚一枚と取ってゆき少し遠のいて眺めてみる。可愛らしい。
ブラ、ショーツ、ルーズソックスだけを残し、抱き上げてベットへ寝かせた。
鼻を近づけて匂いを嗅いでゆきブラとショーツを剥がしていった。
若い女の身体が現れて興奮してしまい、舐め回したくなってきた。
乳首をいじりながら股の間に指を入れ感度を探る。胸を舐め終えて襞に唇を当て舌を入れた。
激しく求めたプレイがすべて終わりを迎え、互いに満足しながら横になった。