デリヘルオプション体験談24

このページでは、デリヘルオプションプレイ体験したデリヘルユーザーの皆さんに投稿していただいた体験談をご紹介しています!デリヘル初心者さんからデリヘルマニアさんまで、オプションプレイ体験した生の感想を赤裸々に語って頂きました♪⇒体験談を投稿する方はこちらへ

デリヘルオプション【体験談】24ページ

アイマスクで清楚系の彼女を!デリヘルオプション体験談115: 30代/ ガンダーラ/ デリヘル歴3年

早いものでデリヘル遊びをするようになって丸三年が経ちました。
デリ遊びは気まぐれで頻度はそんなに高い方ではないです。多い月もあるけどだいたい月一程度で。
よく利用するのは待ち合わせ型デリヘルでお姉さんタイプの綺麗な人。
今まで二回連続で呼んでいるお気に嬢がいて、今回も指名して三回目の待ち合わせでした。
もうお互い慣れた感じで会ったらすぐにラブホへ移動。

この日は予約する時にオプション追加でアイマスクをお願いしていたのでいつもよりちょっとドキドキw
目隠しプレイって女性の感度が上がるって聞くので清楚系な彼女に試したらどんな感じになるのかなあと想像するだけでチンコが元気になりましたw

入室後はこれまた慣れた感じで手際よくうがいとシャワー。
身体を拭いていると「これ、今?笑」とアイマスクを持って上目遣いの彼女が可愛くて、たまらずディープキス。舌が絡まり吸い寄せながら腰を引き擦り付け、すでに勃起したチンコを押し当てました。
アイマスクをつけてもらって、手を引いてベッドの上に座らせるとちょっと不安そうで、水を取りにベッドから少し離れるだけで「何処にいるの?」と聞いてくるのが可愛くてw可愛くてwあえて何も言わないで彼女の不安を煽いだりして自分Sっ気あったのかなーと思ったりww
いい感じの間で彼女の太腿を触ると、あんっ、といい声で反応してくれました。
こちら主導でゆっくりと服を脱がせて全裸にし、今度はイスへ移動して座らせる。足を開かせてひじ掛けに両足を乗せてアソコを丸見えのポーズにさせた時は感動しました。えっっっろい。
少ししか生えていない毛を撫でながらゆっくり中指を入れてくと、彼女のからもっと入れてのおねだり。
目隠しで恥ずかしがっているくせに妙に大胆な彼女に3回もイってしまった夜でした。

メイド服で従順なコスプレプレイデリヘルオプション体験談114: 40代/ エロクジラ/ デリヘル歴7年

今まで経験してないのが不思議なくらい王道のコスプレプレイ。今回はこれを試してみ
ることにしました。
衣装はどれも気になるところですが今回はメイド服で。
メイド服の可愛い女の子にご主人様と言われるなら、やっぱりロリ系デリ。
写メ日記も十分確認して加工少な目の19歳を指名。
いざ会ってみると可愛らしい女の子で当たり!とにかく急いで着替えさせてメイド服姿を拝みたい自分は即刻迎え入れました。
用意してもらったのは王道のメイド服でエプロン、カチューシャ、リボン付きのワンピース。この子用の衣装か?!ってくらいに会ってました。

その子は前にもメイドプレイを頼まれたことがあるのか慣れたもので、「ご主人様、何かお飲み物でもお持ち致しましょうか?」なんてすぐにメイドになりきってくれました。
もちろん飲み物なんてどうでもいいので、自分の上に乗っかるよう命令し、手招きして抱き抱えて座らせました。
甘い香りによりムラムラしてきておっぱいに手をまわして揉みしだけば、
んっ、駄目ですご主人様、あっ、んっ。
予定どおりの展開に興奮度は上がり首筋に思いっきり吸い付いて舐め上げました。
せっかくのコスプレオプションなので脱がしはしません。
ひらひらのスカートの中に手をつっこみ、少し胸元の空いたメイド服をガバッと胸の下までおろしておっぱいを露出させる。
ご主人様と言いながら服も息遣いも乱れていく彼女に夢中になりました。
最後は口で奉仕してもらいスッキリしてお別れ。

服を着せたままでのプレイがここまで興奮するは。
癖になってくのが分かりましたし、流石王道だと思いました。

悲願達成のアナルファック(AF)体験デリヘルオプション体験談113: 40代/ 豆知識/ デリヘル歴11年

一度経験してみたいと思っていたアナルファックが最近また妙に気になり出して、いつもも呼んでいるデリヘル嬢にお願いしてみたら断られてしまった。
まだAFは経験が無く、痛そうだから嫌だと。
できないと思うともっとやりたくなってしまって、街で良い尻を見かけるとどうしようもなくAFをやりたくなった。もはや病気だ(笑)
その馴染みの嬢は好きでまだ気に入ってるから、ここはお店を変えてAFさせてくれる子を探すしかない。
また店探しからになるが、最近は検索も簡単で何候補か出た。
空き状況や料金も加味し、予約したのは38歳のコテコテのエロ熟女と思われる女性。
いつものオキニ嬢は清楚な新妻系のため、変な意味のドキドキを持ちながら待っていると、やって来たのは年齢よりも若く見える人妻デリ嬢。予想と真逆な風貌で驚いた。

目的はただ一つ、それに向かって邁進する。
股を大きく広げ両穴を舐めながら唾液でアナルをほぐしていき、コンドームにヌルヌルローションをタップリ付け亀頭まではゆっくり押し込んで、やさしくピストン運動を開始した。
十数年ぶりの悲願達成で興奮の余り、あっけなくイってしまい、気持ちよかったけれど行為の記憶が薄い。改めて再度と約束してお別れをした。
次呼ぶのはどちらの女性か分からないが、まずはめでたしめでたしだ。

巨根タイプの大バイブで熟女が興奮デリヘルオプション体験談112: 60代/ 花丸権左衛門/ デリヘル歴18年

還暦を過ぎて、振り返ってみれば遊び度合いがおとなし過ぎたと反省の中にいる。
女性経験の数こそ増えて女を知ってはいるが、プレイ内容が単調でノーマル過ぎた。
折角色んなオプション道具があるのに殆んど使ったことが無い。
同じ女でも開発具合で感度が変わって来るはずだ。
誰かに聞くわけにもいかない為、経験豊富な熟女で試しながら自分なりの研究をするしかない、そう思い以前にも呼んだ事のある嬢を再度予約してみる事にした。

彼女は二度ばかり楽しんだ事があるが、至ってノーマルなプレイで面白みが無く二度で止めてしまった。年相応の感度だが今一つ、つまらない女だと思ったからだ。
前回同様ホテルの前で待っていると彼女がやって来た。 五十路を迎えたばかりと言っていた彼女に、予約の時に頼んだ物は持ってきてくれたか尋ねると「持って来たけど、こんな大きいの使った事無いから普通サイズのも持ってきた。」とバッグの中をチラリと見せてくれた。

入室後、改めて見せてもらったバイブにはなるほどなかなかな禍々しさだ(笑)
まずは普通サイズの方で責めると気持ち良さそうに身体がうねる彼女。出し入れを繰り返すと躰が跳ねて最初の絶頂が来たらしい。
大分ほぐれた様だからこちらでどうだ、と当初お願いしていた大バイブのカリの先部分を、返事も聞かずズブリと挿れる。
スイッチを入れるとダイナミックな動きに変えてジワリジワリとアソコに入っていった。
引き戻しては突くを繰り返しながら、乳首を摘まんでねじ繰りまわしてやれば、大きな声でイクイクと言って大きく乱れて果てていった。

大バイブの威力に感心しながら、興奮した私も口の中に吐き出して事を終えた。
次もまたこの開発の続きをしよう、そう言ってお別れをした。
前回とは大分違った彼女がいた。

手触りを楽しみながらパンストを破る!デリヘルオプション体験談111: 50代/ 三千世界/ デリヘル歴15年

コロナの影響で仕事も家庭も遊びも全てにイラつきがあった。
自粛疲れもあったのだろう。
このストレスをとにかく若い人妻に発散させたかった。
夜遊び自粛ももうそろそろいいだろうと久しぶりにデリヘルを予約。
毎回のように呼んでいた32歳の人妻オキニ嬢はまだ辞めていなかった。
スカートに生足でやってきた彼女がオプションで追加しておいたパンストを履こうとしたところで制止させ、ノーパンでパンストを履くようお願いする。
我ながらなかなかの変態っぷりだ。
彼女を引き寄せキスをし、髪を撫でながら舌を入れ絡まって溢れた唾液を吸い取って呑み干した。
彼女の息がハアハアと色っぽい声が耳元で流れ興奮がMAXになったところで一気にパンストを破る。
彼女の きゃあ という声を聞きながら思いっ切り引き裂いてその蜜を舐めあげた。

よっぽどストレスが溜まっていたのだろう、プレイの終わりにはパンストは原形がないほどボロボロになっていた。